無料Webサービスの口コミ・比較

海外旅行傷害保険の「自動付帯」と「利用付帯」の違い【使い方と注意点】

      2015/05/02

海外旅行傷害保険の「利用付帯」と「自動付帯」の違い【使い方と注意点】

クレジットカードを発行すると、「国内旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険」「ショッピング保険」などの付帯保険があります。

カードによって補償内容や金額は異なり、その代表格とも言えるのが「自動付帯」と「利用付帯」です。

カードを作る際に、この部分をしっかりと確認しないと、いざ海外に行ってから「保険が利用できない」といった事態が起こる可能性もあります。ということで今回は、「自動付帯」と「利用付帯」の違い、そして海外での使い方や注意点をご説明します。

クレジットカードのタイプによっては、カードを持っているだけでは補償を受けられない場合があるので、しっかりと把握しておきましょう。

カードごとに付帯内容が変わるので注意

旅行傷害保険は、発行するカード会社や年会費の有無によって「自動付帯」か「利用付帯」に分かれます。

例えば、リクルートが発行するクレジットカードの場合、年会費無料の「リクルートカード」は国内・海外ともに利用付帯です。

リクルートカード
海外旅行傷害保険 【利用付帯】最高2,000万円
国内旅行傷害保険 【利用付帯】最高1,000万円

 

そして、年会費が 2,000円+税 がかかる「リクルートカードプラス」は海外・国内ともに自動付帯です。

リクルートカードプラス
海外旅行傷害保険 【自動付帯】最高3,000万円
国内旅行傷害保険 【自動付帯】最高3,000万円

 

このように、同じカード会社でも種類によって保険内容が変わるので注意が必要です。

「利用付帯」と「自動付帯」の違い

「利用付帯」と「自動付帯」の違いを大まかに言えば…

自動付帯無条件で旅行傷害保険に入れる
利用付帯旅行代金(一部)をクレジットカードで決済しなければいけない

ということです。以下にそれぞれの詳細をまとめています。

自動付帯

その名の通り、何もしなくても自動で旅行傷害保険に入れるのが「自動付帯」です。旅行代金をカードで支払わなくてもいいので、あれこれ考える必要はありません。

面倒な手続きや登録もないので、カードを発行して旅行に出かければ、自動的に旅行保険に入っています。もし、年会費が無料のカードであればコストも0なので、必ず1枚は自動付帯のカードを持っておくといいでしょう。

また、自動付帯の多くは、出国した日から90日間が補償期間になります。一度日本に戻って再度出国した場合でも、再度90日間の補償期間が与えられるので、1年に何度旅行に行っても旅行傷害保険に入ることができます。
※カードによって補償期間は30日や60日と変わるので注意してください。

クレジットカードを持っていかなくても、万が一の場合には保険が適用されます。ただし、保険適用時に、クレジットカードの裏面に記載されている、カード会社の電話番号やカード番号が必要となることが多いので注意が必要です。

利用付帯

「利用付帯」は、旅行した際のツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードで支払ったときのみ、旅行保険が有効になるというものです。

こちらは自動付帯と違い、何かしらのアクションを起こさないといけないので、人によっては不便と感じるかもしれません。

具体的にはツアーやパック旅行の費用や出国するまでの公共交通機関(航空機や電車、船、バス、タクシー)の支払いをカードで決済することで、旅行中の補償を受けることができます。
※細かな規定はカード発行会社によって異なります。

付帯内容に大きな差はない

カードごとによって付帯内容の違いはありますが、「自動付帯」と「利用付帯」の違いに大きな差はありません。

クレジットカードのグレードや年会費によって内容が変わることがほとんどなので、「自動付帯だから死亡保険金が少ない」や、「利用付帯だから保険日数が長い」といったことはありません。

補償期間を180日に延ばすお得な使い方

海外旅行傷害保険の「利用付帯」と「自動付帯」の違い【使い方と注意点】-02

クレジットカードを2枚使えば、旅行傷害保険の補償期間を延ばすことができます。

やり方は簡単で、それぞれ「自動付帯」「利用付帯」のカードであれば最長180日間に延ばすことができます。
※利用付帯側のカードに「海外で公共交通機関の料金を払った場合、その日から最長90日間補償が受けられる。」という条件が必要。(楽天カード不可)

出発は90日間の保険を自動付帯で利かせておいて、旅行途中に現地で別の国への飛行機代などを利用付帯のカードで決済。そうすれば、その日から90日間の旅行保険が利用付帯によって開始されます。

出発(自動付帯:90日間)

ツアーや飛行機代を2枚目のカードで支払う(利用付帯:90日間)

自動付帯+利用付帯で180日間

となります。

自動付帯のクレジットカードは併用ができないので、何枚持っていても保険期間は90日のままです。2枚目のクレジットカードを作るのであれば「利用付帯」のカードを作りましょう。

補償期間を180日に延ばすお得な使い方の注意点

どのカードも、ケガ・病気が50~100万程度の補償額と低い場合が多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、交通機関でクレジットカードが使えるかも事前に調査が必要です。都会以外では、カード払いができないこともあります。長期滞在や長旅をする人は、その辺りも頭に入れておきましょう。

終わりに

最後に今回のまとめを載せておきます。
※クリックをすると各項目に移動します。

旅行傷害保険は、発行するカード会社や年会費の有無によって「自動付帯」か「利用付帯」に分かれる
自動付帯:無条件で旅行傷害保険に入れる
利用付帯:旅行代金(一部)をクレジットカードで決済しなければいけない
自動付帯」「利用付帯」の2枚のクレジットカードを使えば、補償期間を最長180日に延ばせることができる

「自動付帯」「利用付帯」の違いを覚えておけば、クレジットカードを作るときに困らなくてすみます。また、カードが2枚以上あればお得にもできるので、ぜひ覚えておきましょう。

lifecreate-lab

  関連記事

クレジットカードでチップを払う方法
クレジットカードでチップを払う方法【海外旅行の基礎知識】

海外には、日本にない習慣「チップ」というものがあります。とくにアメリカやヨーロッ …

クレジットカードのお得な使い方!
メインカードにオススメのクレジットカード

年会費無料でオススメのクレジットカード 楽天カード 楽天市場を始め、ネット通販を …

ヨーロッパ旅行におすすめのクレジットカードはこれ!マスターカードを持って行こう
ヨーロッパ旅行や留学におすすめのクレジットカードと持っていくときの注意点

ヨーロッパ旅行や留学を考えている方へおすすめのクレジットカードをご紹介します。 …

クレジットカードのお得な使い方!
クレジットカードのお得な使い方!年会費無料で還元率がすごいのは「楽天カード」

クレジットカードは、還元率がお得なものを使うようにしましょう。お得に使う方法とし …

海外旅行でクレジットカードを使う際の注意点!出発前〜出発後までしっかり確認を!
海外旅行でクレジットカードを使う際の23個の注意点!出発前〜出発後までしっかり確認を!

海外旅行でクレジットカードを使う際の注意点を23個まとめてみました。タイトルで「 …

クレジットカードは生活スタイルに合わせて選びましょう

「買い物をしていて会計時に手持ちの現金が不足していた…。」 特に飲食 …

ICチップ付きクレジットカードは安全?ICチップの意味やどういったメリット・デメリットがあるのかを解説

ここ数年で発行されたクレジットカードの多くにはICチップが内蔵されており、店頭で …

クレジットカードの”国際ブランド”の違いって何?海外旅行では「VISA、MasterCard、JCB」どれを選べばいいのか分からない方へ
クレジットカードの”国際ブランド”って何?海外旅行では「VISA、MasterCard、JCB」どれを選べばいいのか分からない人へ

海外旅行をきっかけにクレジットカードを作る人は海外旅行保険が目的なので、「VIS …

海外旅行保険の補償内容について詳しく解説!
海外旅行保険の補償内容について詳しく解説!

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを選んだからといって、安心してはいけま …

海外旅行にはクレジットカードが必須です。海外旅行傷害保険が自動付帯のおすすめクレジットカード
海外旅行にクレジットカードはなぜ必要なのか?その理由を徹底解説!

毎年2万人以上の人が海外でトラブルに巻き込まれている 多くの方が気軽に海外旅行に …